ベランダをきちんと防水しておけば水漏れは防げる

家

原因は様々

雨

放置しておくと危険

雨漏りは屋根瓦にヒビが入ったり風などで吹き飛ばされてしまった時や、瓦の下に敷いてある防水シートの老朽化が原因で起こります。瓦や防水シートの隙間から雨水がしみ込み、天井や壁までしみ込んできます。また屋上やベランダがある家は、コンクリートの防水層が劣化すると雨漏りするようになります。防水層の耐久年数は5年ほどなので、定期的にメンテナンスすると雨漏りを未然に防げます。その他トップライトや太陽光発電を設置してある部分から雨がしみ込んでくる事や、雨どいが泥や落ち葉で詰まってしまい雨漏りを起こすこともあります。木造住宅の場合、雨漏りを放置しておくと使われている材木が腐ってもろくなるので家の寿命が短くなります。湿った木材を好むシロアリが大量発生することもあり、柱や土台部分がシロアリに食害されると地震が起こった時に倒壊してしまうこともあるので注意が必要です。また雨漏りするとカビが生えやすくなるため、健康を害することもあります。カビは壁の内側など見えない部分に生えることも多く、カビが生えていることに気が付かないまま体調不良で悩む人も少なくありません。家と健康を守る為にも雨漏りに気づいたら早めに修理することが大切です。雨漏りの原因は様々なので、修理を依頼するのは雨漏りについて詳しい業者が良いでしょう。様々な要因がからみあって雨がしみ込んでくる場合もあるので、一部分だけ直しても雨漏りがなおらないこともあります。