ベランダをきちんと防水しておけば水漏れは防げる

家

長く使うためには

ベランダ

水対策が重要

建物というものは、屋根や壁からなる箱のようなもので、箱の中に住まうことで風雨から守ってくれ快適な生活をすることができます。部屋の中には水や風などが入り込まないのが前提ですが、一方でベランダの場合には風雨にさらされる場所であり、長く使うためには水対策が重要になります。ベランダを長く保つためには防水対策を行う必要があります。防水対策として、もっともスタンダードなのが防水性のある塗料を塗ることです。これによりベランダの床を保護することができます。これらの作業の流れとしては、まずは清掃して汚れを取り除きます。業者の多くは高圧洗浄機を使って徹底的に汚れを取り除きます。その後に下地を調整したり補修をします。調整では雨が掛かった場合に水が排水口までスムーズに流れるようにすることなどです。また破損している場合には補修して修理します。下地調整と補修がしっかり行われていないとせっかく防水塗装をしても性能を十分に発揮できません。工事に関しては、FRP防水とウレタン防水で変わります。FRPの場合には下塗り、ガラスマット貼り付け、中塗り、上塗りといった工程が必要です。FRPのメリットは表面を強化プラスチックの樹脂化することで耐久性に優れたベランダにすることができますが、ガラスマットを全面に敷き詰める必要があります。ウレタンの場合には、下塗り、場合によっては通気シート貼り付け、中塗り、上塗りです。通気シートはウレタン防水通気緩衝工法と呼ばれるもので行われます。